【バトオペ2】2019/11/07アップデート情報について(まとめ記事)

どうもYJです。

11/07バトオペ2のアップデート情報まとめです。

1.抽選配給の更新(追加と除外)

2.限定抽選配給の更新(アクトザク)

3.リサチケ交換MS追加

4.機体の調整(1機)

5.週末限定戦のスケジュール

抽選配給/リサチケと、今回も1機調整が入っています。

抽選配給の更新

今回は新機体1機Lv違い1機計2機追加です。

新機体1機目:グフ飛行試験型のLv1~2(コスト350~400)

出典:公式HP

今回はグフ飛行試験型です!

初代バトオペにもなかった飛行システムが遂に実装されました!

バトオペ2運営チームにとっても新しい挑戦だろうなぁと思われるこの機体・・・今後Z時代に入るにあたり色々重要なテストが込められている気がしますね!

ちなみに飛ぶグフはグフフライトタイプというのが有名だと思いますが、この子は違います。

グフ飛行試験型

『MSV』に登場。デザインは大河原邦男。

地球上におけるMSの航続距離の短さを克服するため、機体そのものに飛行能力を持たせるべく開発された試験機。開発を担当したのはアイザック・ウーミヤック大佐を中心としたチームで、サイド3の第29工業コロニーに試験場が構えられた[5]。

すでにMS-07Aの生産配備が開始していたことから、開発ベースにはYMS-07AとYMS-07Bが用いられた[5]。複数候補に挙がった飛行プランのうち、簡易型ロケットバーニアの強化と熱核ロケットの脚部集中措置が採用され、両腕部には接近戦用として75mm5連装フィンガーバルカンを装備[5]。完成した試作機4機はムサイによって地球へ運ばれ、キャリフォルニアベースのシャトルベースやテストセンターを経た後、アリゾナのフラットネイル空軍基地へ送られた[5]。

同地では4週間のうちに38回の飛行試験が実施されたが、高度での試験に至るまでに10数回のトラブルを発生させ、一定の巡航速度を保つことができなかった[5]うえ、重量増加の影響で離陸後に実用的な航続距離を得ることもできなかった[80]。また、エンジンを全開することで作戦行動を取ることも可能ではあったが、これでは燃料搭載量の問題が発生し、ドロップタンクを増設(この増設型は、MS-07H-2とされる)したとしても若干の向上が見られるのみであった[5][注 9]。

計画期間を終えた機体は縮小する形で研究続行を承認され、アリゾナ基地にはYMS-07Aから改装された3号機とYMS-07Bから改装された4号機のみが残された。このうち、4号機はMS-07H-4に改装されている[5]。MS-07H-4の空中爆発事故を受けて本機の開発計画は中止され[80]、最終的にMS-07には代行措置としてドダイYSが配備されている[5]。

出典:wikipedia

 

それでは、まずは機体についてです。

用意されているのはLv1~Lv2ですね

※画像はLv2のもの

射撃よりのステータスですね。

同コストの他機体よりHPは少な目かな?という印象。

ちなみに移動はホバー移動です。

それでは武器を見てみましょう。

メイン武器1 ジャイアント・バズ
メイン武器2 打撃[強化型]
サブ武器1 5連装フィンガー・バルカン砲×2
サブ武器2 脚部ロケット砲

だ、打撃ぃいいいい?

殴るの?飛ぶのに殴るの???グフなのに殴るの???もはやグフじゃなくて良いのでは???

ヒートソードは?鞭は??と少し悲しくなってしまいましたw

やはり飛ぶMSということで射撃が主な感じですね。

よろけ兵装はジャイアントバズですね。脚部ロケット砲はよろけまで5発必要なので狙う感じではないですね。

 

それではスキルです。

スキル名 内容
脚部ショックアブソーバー Lv3 着地時の脚部負荷を軽減。ジャンプ後30%、回避行動後15%、脚部負荷発生後の回復速度を1%上昇。
クイックブースト Lv3 ジャンプ時の溜め時間を30%短縮。
緊急回避制御 Lv1 回避行動ボタンを2度押すことで、緊急回避が可能となる。
脚部特殊緩衝材 Lv1 脚部へ攻撃を受けた際、機体HPへのダメージと脚部HPへの負荷を10%軽減する。
空中制御プログラム Lv1 ジャンプ中に追加行動が可能になる。
フライトシステム Lv1 タッチパッドを押すことで、空中での継続的なアクションが可能となるフライトモードに移行する。フライトモード中は通常移動や高速移動時の速度が上昇し高速移動時のスラスター消費が軽減される。

※フライトシステム発動中は空中のダメージリアクションが軽減されるようです。この情報はまだスキル説明に載っておらず、次回(11/14?)アップデートで付与されるとのこと

さあさあさあフライトシステムですよ!

タッチパッドを押すことで空中での継続的なアクション・・うんぬんかんぬん・・・

とりあえずそれはわかった。じゃあどのくらい飛べるの?

正直そこが重要なのよね。

・・・

とある情報筋から・・・

約14秒です。

ただ、タッチパッドを押した後、ブーストゲージを減らさない状態(上昇と移動)の場合です。

ブーストをふかすとあっという間に減ります。

あと、フライトシステムの説明にはまだ書いていないが、飛んでいる最中はダメージリアクションが軽減されるようですね。

どの程度で転ぶのか・・・あとよろけはどうなるのか・・・転ぶのかな・・・そういう確認が必要になりますね。

フライトシステムという新しいスキルはまだ今後調整していくんだろうなぁと予想されるスキルですね。今後も期待していこう_(:3 」∠)_

 

さあ、グフ飛行試験型のスキルという目線に戻ると・・・

えっ?連撃も高性能バランサーもないんすか?まじっすか・・・

これ・・・まじめに射撃専門になりそうですね。

まとめ

とりあえず・・・グフ飛行試験型としてはあまり強そうじゃな・・・いやなんでもないですw

ただ初の空中へ飛べるというのはワクワクが止まらない感じですね。

実況者としては当てなきゃという使命感がありますが、実用的か?という話になるとあまりならないのでは?と思っています。

 

他の追加/除外

その他の抽選配給追加/除外の情報です。

追加

アクトザクのLv3

アクトザク・・・。

アクトザク専用ビームライフルが弱体化してからめっきり姿を見る機会が減りましたね。

除外

アクトザク Lv1

ザクⅠ指揮官仕様 Lv3

リサチケ交換にMS追加

追加

ギャン・エーオースLv1(コスト400)

ギャン・AOSがやっとリサチケ落ちです。

広範囲の下格闘を持った素敵MS。追加マップの廃墟都市がいい感じに狭いので結構凶悪なのでは?と思っています。

ただ格闘優先度が中なのでそこを気を付ける必要があります。

機体の調整

ドワッジが強化されました。

強化前 強化後
機体HPの上昇 15000  17000 ※他のレベルも上昇
機体の耐格闘補正値の上昇 16 26 ※他のレベルも上昇
機体の左右移動、後退移動時の移動速度、旋回速度 上昇
副兵装 ヒート・トマホーク 右格闘の補正を上昇

機体HPUPしたので前よりもマニューバを活かしつつ攻撃するということがしやすくなりました。

ところで右格闘の補正ってなんだろう

もう少し情報が欲しいぜ・・・

 

前回が結構大きなアップデートだったので、今回はフライト機能以外は目立ったところはないと思いますね。

さあそれでグフ飛行試験型のガチャでも回してみますかねぇ・・・

では良いバトオペ2ライフをー

以上

4 COMMENTS

アクセル

ちょっと遊んでみたいな、でも追っかける(課金する)ほどでもないなの気持ちで単発回したら一回目でレベル2出てビビりましたw
使うとしたら生放送のコスト400戦くらいかもだけどw

返信する
やー

更新ありがとうございます&おつかれさまです!

飛行して高所から攻撃…
都市系みたいな飛び越せないオブジェが多いマップでどれだけ活かせるのでしょうか…(不安)
高所スナイパーへの牽制とか???
YJさんがどう使うか楽しみです(当たれー!)

急に寒くなったので風邪などお気を付けてくださいませ

返信する
UN

こんにちは。
ドワッジのトマホーク右格闘補正の修正ですが、どうやら修正前までは左右の格闘倍率がずれていたみたいです。ただトマホークでの修正後でも横格闘は倍率75%らしくダメージは期待できなさそうです…。

生放送のガーベラ見ました!相手のエースに刺さっていて大活躍で思わず「おおー」っと画面に呟いてました!次回の無制限部屋でも活躍を楽しみにしています。

返信する
荒い熊

ドワッジさんなぜか格闘入力が右と左で倍率違ったらしいんですよ、その修正だと思われます。

あとジャンプで登れる高所が多いマップですとフライト強いですね
こいつはまだしも強襲がフライトした場合、空中で格闘振れることになりますので、高台支援への攻撃が広がります。ジャンプのためもありませんし。

毎回動画楽しく見ております、これからもどうぞいい音色を

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です