【バトオペ2】2020/05/21 アップデート情報について(まとめ記事)

どうもYJです。

バトオペ2の5/21アップデート情報です。

1.抽選配給の更新(追加)

2.リサチケ交換、DP交換のMS追加

3.クランマッチについて

今回はMS関係のみの小アップデートです_(:3 」∠)_

抽選配給の更新(追加)

新機体1機目:ガンダムMk-Ⅲ のLv1~2(コスト550~600)

出典:公式HP

今回はガンダムMk3です・・・ガンオンでしか知らない機体です_(:3 」∠)_

ガンダムMk-Ⅲ

次世代MSの試案として[2]、エゥーゴがティターンズから強奪したガンダムMk-IIを、アナハイム・エレクトロニクス社のフジタ博士が研究した結果、開発された機体である。型式番号の”F”は、フジタ博士の頭文字である。

ガンダムMk-IIのムーバブルフレームの技術はΖ計画に大きな影響をもたらしたが、欠点として構造上の複雑さと機体強度の低さが挙げられた[2]。それに対し、ムーバブルフレームの単純化による機体構造の強化や関節部の改修により、人体に近い運動性を実現した[2]。これにはガンダリウムγをはじめとするアナハイムの材料工学部門なども総動員され、武装や装甲などは機体自体の構造からほぼ完全に独立しており、非常に稼働効率の高い機体として完成している。逆に、脚部のスラスターやバックパックなどは構造的に完璧なオプションとして設計されており、機体強度の限界までスペックを引き上げられている。これはアナハイムが有していたブロック・ビルドアップと入手したムーバブルフレームを抜本的に融合させた結果である。そのため、ガンダムMk-IIIはバックパックやリアスカートに設置可能なサイズならば、完全にオーバースペックのユニットを装着しても対応可能なキャパシティを有している[3]。

本機のデータを元として、ガンダムMk-IVが開発されている[4]。

出典:wikipedia

見た目はZガンダムっぽくてかっこいいです。

機体性能

Lvは1のコストは550、Lv2はコスト600の汎用機です。

参照画像はLv1です。

攻撃面は射撃寄りで、機動力は抜群な感じです。

では同コスト帯と比較してみましょう。

射撃補正は1番で、機動力も高速移動がステイメンに負けている以外はTOPですね。

機動力が一番上ですが・・・近距離パーツスロットが少ないので、スラスターの上昇パーツの噴射制御装置を多く装備できなくて他の機体よりも結果少なくなりそうなどちょっとかみ合っていない感

ではスキルです。

スキル

スキル名 Lv 内容
背部バインダー特殊緩衝材 背部バインダーへダメージを受けた際、機体HPへのダメージを15%軽減する。
緊急回避制御 回避行動ボタンを2度押すことで、緊急回避が可能となる。
高性能バランサー ジャンプ&回避行動の着地後の硬直を格闘攻撃かタックルでキャンセル可能。
高性能AMBAC 宇宙において、ブースト終了時の動作をキャンセルし、巡航移動に変遷する。
高性能レーダー 強化されたレーダー性能。有効範囲が300mから400mへ拡張する。
空中制御プログラム ジャンプ中に高速移動による追加行動が可能になる。
クイックブースト ジャンプ時の溜め時間を30%短縮。
強制噴射装置 回避行動の着地動作を、スラスター消費量が軽減された高速移動でキャンセルし、再び回避行動を可能とする。

強スキルの空中制御プログラムLv2強制噴射装置Lv2を保持、必須スキルの高性能バランサー緊急回避がありますが、汎用として格闘連撃がないのは痛いですね。

機体性能から射撃重視かなと思うので連撃ないのは納得ですが、汎用としては良いとは言えませんね。

 

武器構成

メイン武器1

Mk-Ⅲ用ビームライフル
メイン武器2 Mk-Ⅲ用ヒートサーベル
サブ武器1 ビームキャノン×2
シールド Mk-Ⅲ用シールド

武器は3種と少な目ですね。詳細見てみましょう。

メイン武器1

威力はMk-Ⅱ用とあまり差異はないですが、弾数としては1発少ない4発です。

射程距離は50m延びた400mです。

弾数の分弱く見えるんですが、1つだけ強みがあります。・・・それは貫通します。

即よろけの貫通ビームライフルです。

強いですね。ただFFの可能性が上がるのでちょっと注意が必要です。

メイン武器(格闘)

想像と違って威力が強いんですよね。同レベルならMk-Ⅱよりも強いです。

ただ、スキルの所にも書きましたが、「格闘連撃」がないんですよね。

あと、格闘判定が中なのでMk-Ⅱと比較すると厳しいです。

 

サブ武器1

唯一の副兵装のビームキャノン×2です。撃つときは停止します。

×2ということは1発しか当たらないタイミングもあります。

即よろけではなく、よろけには3発必要です。つまり×2が当たれば2回発射でよろけが取れます。(言い回しムズカシイネー)

・・・最高で3回発射しないといけないという言い方もできますね。この場合はオーバーヒートしてしまいます。

よろけ武器としては貧弱だと思います。

ただ、ヒート率自体は55%と比較的軽めなのでけん制としてガシガシ使っていくのが良いですかね?

下格転倒後、ビームキャノン×2→N格良いと思います。

シールド

耐久力高めのシールド。

 

まとめ

機動力は高く、強制噴射Lv2、空中制御プログラムLv2、緊急回避を持っているので動きは抜群!

高機動力は正義です!

ビームライフルは即よろけで貫通有なのでうまく使えば強力な武器となります。

 

・・・ただ・・・コスト550以上に属するのでちょっと厳しい子かなって思います。

理由は・・・

格闘連撃がない

副兵装のビームキャノンが弱い

です。

・格闘連撃がない

格闘連撃がないことって連撃によるダメージ量増加以外にも、連撃によるタイミングを図ることや、よろけ継続からの確定転倒させることができないんですよね。

私としてはこれが結構痛いポイントです。

・副兵装のビームキャノンが弱い

威力としては×2が当たると単純計算で1600のダメージを取ることができ、連射もそこそこ出来るので良いと思います。

ただ、発射時には停止が必要、かつ即よろけではないので高コスト帯では強いと思えるタイミングがすごく限られると思います。

 

正直同コスト帯にいる機体のガンダムMk-Ⅱやステイメン、ディジェやZガンダムと比べるとそっちの方が良いなぁと言うのが率直な感想です。

もちろん使い方が違うので、人によってはMk-Ⅲの方が良いと思う方がいるかもしれませんが、私にとってはMk-Ⅱ、Z、ディジェ、ステイメンんがあればあえて使うことはないかなぁと思います。

正直、俺見逃している情報あるのかなぁ?と思うくらいちょっと拍子抜けな感じなんですよね。

 

他の追加/除外

その他の抽選配給追加/除外の情報です。

追加

ガンダム試作3号機ステイメン Lv2(コスト600)

ガンダム試作4号機 Lv2(コスト600)

除外

ズゴック Lv3(コスト400)

ドム高速実験型 Lv2(コスト400)

 

リサチケ交換/DP交換にMS追加

リサチケ交換所追加

ゲルググM指揮官機 Lv2(コスト500)

ジーラインアサルトアーマー Lv1~2(コスト400~450)

_(:3 」∠)_・・・ボクハスルーシマス!

DP交換所追加

ギガン Lv3(コスト300)

 

クランマッチについて

なんと、不具合があってとりあえず次回予定の5/25は中止になりました。

詳細はこちらでどうぞ

 

それではよいバトオペライフをー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です