【バトオペ2】ハンマ・ハンマ(支援:コスト600~)について(2020/08/13リリース時点)

どうもYJです。

2020/8/13に追加されたハンマ・ハンマのページです。

更新時の状態:【戦闘前情報】実戦で使用していない状態でのレビュー

※今後ページ内の情報変更がありえます。

ハンマハンマのLv1~2(コスト600~650) ※2020/08/13時点

出典:公式HP

機体性能

参考画像はLv2です。種別は支援です。

移動手段はホバーです。

コスト650初の支援機と言いたいところですが、実は既にザメルさんやゲルググJさんがいるんですよねw

こいつもLv2がコスト650ですし。

それでは同コスト帯との比較です。(2020/08/13時点)

今回は同戦場でよく合うであろう650汎用のZZとキュベレイ、そして高性能の支援であるコスト600のフルアーマーガンダム7号機と比較しています。

支援機の機動力としては頑張っていますが、やはり支援機なのでZZ、キュベレイには劣ります。でも7号機よりは素早そう・・・スラスター値が大分少ないので強化の必要があると思います。

それではスキルです。

スキル

スキル名 Lv 内容
高性能レーダー 強化されたレーダー性能。有効範囲が300mから400mへ拡張する。
観測情報連結 レーダーで捕捉した敵MSのHP情報が自軍メンバーに共有される。
高性能航宙ジンバル 宇宙空間での姿勢制御計測を安定化させ、より広域の仰俯角に機体を傾けることができる。
格闘連撃制御 格闘攻撃を最大2回まで連続で使用可能。連撃時にはダメージが減衰する。
高性能AMBAC 宇宙において、ブースト終了時の動作をキャンセルし、巡航移動に変遷する。
強制噴射装置 回避行動の着地動作を高速移動でキャンセルし、再び回避行動を可能とする。
高性能バランサー ジャンプ&回避行動の着地後の硬直を格闘攻撃かタックルでキャンセル可能。

さて、いよいよ3すくみがダメージの倍率のみになってきましたw的なスキル構成ですね。

強制噴射装置Lv2が支援に付くのは初めてですね。ブーストゲージ消費量が少なくなるとは言えやはりスラスター強化は必須になりそうですね。

格闘連撃Lv1、高性能バランサーLv1が付いているので近距離戦にも対応しています。ただ、さすがに格闘判定は弱判定なので調子に乗って斬りかかりに行くと格闘判定負けで逆にやられると言うことがあり得ますね。

一見支援ぽくないスキルとは思いますが、高コスト帯ではこのくらい付けていないとあっという間にやられてしまう可能性があると思うので良いかもなぁと思いました。

それでは武器です。

武器構成

武器名 備考
メイン武器1 有線アーム式3連ビーム砲 4発目でよろけ
メイン武器2 ハンマハンマ用ビームサーベル 連撃可能
サブ武器1 3連装メガ粒子砲 チャージ必須、即よろけ
サブ武器2 小型機雷 即よろけ
サブ武器3 有線アーム式ビーム砲x2[挟撃] 即よろけ、1発でオーバーヒート

ショートカットが1つあぶれますね。どれも使えると思うので自分の色に合う武器を選択する必要があると思います。

メイン武器

ボタンを1回押すと3連射するビーム兵器。3発当たってもよろけません。

4発目でよろけますが、1回で3連射するのでタイミングを誤るとオーバーヒートしてしまいます。

クールタイム終了後に少しだけ間を置けばよいので、クールタイム終了後に即連射は避けるようにしましょう。

 

メイン武器(格闘)

専用サーベル。威力強いネー。

スキルに高性能バランサー、格闘連撃制御があるので十分に使える武器になりますね。

 

サブ武器1

チャージ必須なビーム兵器でよろけ取れます。

結構なダメージ入ります。(下画像はガンダムLv3へのダメージ)

クールタイム4秒、チャージ3.5秒かかりますが、1発撃って、クールタイム終了後にチャージをし、オーバーヒートにならない状態まで待ったとしても次射まで約10秒なので結構凶悪なイメージ。まぁ実際には他の武器を織り交ぜることになるのでもっと意識しないで使うことができると思います。

サブ武器2

1回4発の機雷がでます。1発でよろけます。それが4発同時に出ます…。

なら対強襲として優秀かと思いましたがどうやらそうでもないようで、ギャンLv1のマニューバー発動時に全弾当ててもよろけませんでした

サブ武器3

一般兵にも使えるようにしたサイコミュ兵器です。

本来はオールレンジ攻撃なのですが、ファンネルのように敵に回り込むという動作はせず、アームが上に伸びて上からビーム攻撃するというイメージな武器です。

1発でよろけますが、1発でオーバーヒートしてしまいます。

 

まとめ

こういう支援機ならZZやキュベレイに十分対抗できそうだなと思いました。

【強み】

1.高性能バランサーと格闘連撃制御を持ち、接近戦が強く、自衛能力も高い。

2.武器が高火力。

3.よろけ兵装が多い。

【弱み】

4.ヒットボックスが大きい。

5.スラスター値が少なく、強制噴射Lv2を活かしたい場合には噴射制御装置が必須。

 

まとめ

まずは自衛能力が圧倒的に高くなる「高性能バランサー」を持っていることがとても大きいです。高コスト帯は機動力が高いMSが多いので、高性能バランサーを持っていなければ基本的に近づかれたら終わりな場合が多いですが、ブースト途中にタックルを出せるとなると、敵は格闘を振るタイミングを考えなければなりませんからね。

機体運用としては、3連装メガ粒子砲は10秒サイクルで撃てるよろけ高火力武器なのでこれを中心に、3連ビーム砲で攻撃していくのが良いかなと思います。

この2つの武器の射程は450mなので少し離れたところから攻撃することができ、回転率も悪くないと思います。せっかく高性能バランサーと格闘連撃制御もあるので格闘武器も視野に入れたいところなのですが、zz世代の機体でヒットボックスがとても大きく、マニューバーアーマーや緊急回避制御がないこの機体で近づきすぎはやはり危険だと感じます

まあでも格闘攻撃が強いとは思うのでチャンスがあったら積極的に振りに行くという感じで良いのかなと思いました。

あとスラスター値が圧倒的に少ないので、初期状態では強制噴射装置Lv2を活かすことができません。必ず噴射制御装置を装備しましょう!

 

コスト650の支援機はコレ1択。コスト600ではフルアーマーガンダム7号機と競合という感じになりそうです。(2020/8/13実装時)

個人的にはハンマハンマの方が高火力かつよろけを取ることも上だと思うのでハンマハンマを使うと思います。

 

それではよいバトオペライフをー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です