ゲーム実況に向いているゲームとは?

ゲーム実況をするようになってから早3年の月日が流れました。

色々苦労したし、まだまだやるべきことはいっぱいあるけど備忘録的な感じでまとめていこうと思う。

今から始めたいって思う人にも有益だと思いますし。

※注意:本記事はあくまで私見なので参考にするのであれば自分なりに噛み砕いて自分のものにしていくことをお勧めします。

色々な媒体で色々なゲームが出てきていますが、やはりその中でもゲーム実況に向いているもの向いていないものが存在していると思います。

ゲーム実況に向いているゲームは?

1.人が集まるゲーム(有名なゲーム)

やはり「人が集まらないと動画にしても見られない」ので、人が集まる・・・つまり有名なゲームが良いです。

メリット

・動画を見るリスナーの数が多い

人が少なければ動画を見られる可能性も回数も少なくなりますね。

デメリット

・有名実況者がいると影に埋もれやすい

多くの実況者が実感していることでしょう。やはり有名実況者の露出が強くいくら動画を出しても自分の動画は有名実況者の再生数には及ばないことが多い。

 

ちなみに私が初めて実況したのは「機動戦士ガンダム ガンダムオンライン」というパソコンのガンダムゲーム。51対51と言う当時としてはとても斬新なシステムで同時接続も多く、伸びしろもあるということでノリノリだったと思います。しかも私が実況を始めた時はまだ実況者の数が今よりも多いわけでもなかったし、ガンダムオンラインとしても人も多かったので始めるタイミングとしては良い時期だったと思います。

2.リアクションがとりやすいゲーム

ゲーム実況はやはり実況者が喋っているのを見るのが大前提だと思います。もちろんゲームスキルの為などの実況いらないという人もいますが、やはり喋りが面白い人の方が間違いなく伸びます。

なので、アクション要素が高いゲームやホラーゲームというリアクションが取れやすいゲームと言うのはゲーム実況としてはやりやすいです。

 

では比較的静かな・・・シミュレーションゲームはゲーム実況に向いていないのか?という疑問がでますが、これはゲーム実況者によるという卑怯な答えになってしまいます。

私の場合は生放送のようにゲームプレイを全て垂れ流す実況方法としては向かないと思います。やるのであれば見どころをまとめたり、リスナーが飽きないように編集をがっちがちにすることが大前提ですね。

ただやる場合は作業量がものすごいことになることは間違いないと思いますw

3.対戦ゲーム

人の歴史は争いなり・・・対戦ゲームは1と2の理由が同時に入るゲームが対戦ゲームに多いと思います。

単純に勝敗があるゲームだと攻略系の動画も需要があるし、人気があればとても多くの人がゲームをやります。

そして一旦人気が出たら息が長いのが対戦ゲームだと思います。

 

 

こんな感じでゲーム実況の備忘録な感じで書いていこうと思います。

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です