チャンネル登録者数500人を目指すためにやったこと

どうもYJです。

今回はYOUTUBEでチャンネル登録者100人達成した後、次の目標500人に目指してやったことを書いていこうと思います。

チャンネル登録者数500人に達成するまでにやったこと。

チャンネル登録者100人から500人になるまでにかかった期間は8か月です。出した動画本数は54本です(月平均7本程度)。

私がゲーム実況動画を本気で作り出すようになったのがこの頃からだと思います。この時期から毎日のようにどうすればチャンネル登録者が増えるか?ということを考えるのが日課になりだしました。

1.サムネイルの改善

2.音響の改善

3.企画ものの開始

改善策を色々考えてまず着手したのがこの3つでした。

1.サムネイルの改善

最初のころはゲーム画面に文字を入れ込むだけのサムネが多かったです。

こんな感じ

さあコレが私の一番最初のサムネです。

気の抜けたビールとか何それw・・・ってこれゲーム内のキャラが言う言葉なんで私のせいじゃないですからw

インパクトがあるセリフだったのでそれを使ってます。それ自体は悪くないと思いますが、問題なのはただゲーム画面をただそのまま使っていて何を見れば良いかわからないというのが問題ですね。

改善してからどんなふうになったか・・・

ほらほら!なんか目立つようになったでしょ!(小並感)

とにかく目立ってわかりやすくて何かおもしろそう?みたいなサムネにしよう!という感じで作るようになりました。

正直、今となってはこのサムネもまだやりようがあるなぁとは思いますが、ゲーム画面をそのまま使うよりかはインパクトはあるのでそれだけでも正解だと思いますね。

2.音響の改善

設備投資したというお金にものを言わせて改善を図ったやつですw でもシンプルで即効性のある改善ですね。

やはり生声で実況するのであれば間違いなく声質は気にした方がよいです。ここを気にしないで実況やっている人いますが、自分が見る側だったらどう思います?音質悪いと見たくなくなりませんか?私は即ブラウザバックしますね(辛辣)。

当時使っていたのはSONYのECM-PCV80Uというマイクでした。(このマイクは実況用のマイクの入門として安価なので有名と思います。)

この子・・・USB接続ができるアタッチメントが付いてきてそれに繋いでやっていたのですが、めちゃくちゃ音質が悪いんですよね。ホワイトノイズがすごかったです。

これはまずいと思っていたことなので声質改善の為に、オーディオテクニカの「AT-MA2」というマイクアンプを追加で買って強化しました。

このAT-MA2は優秀でECM-PCV80U単体で使うよりも明らかに音質が良くなったのでお勧めです。

(ちなみに現在はさらなる音強化の為にマイクは買い替えているのですが、その話はまた別の機会にします。)

3.企画ものやシリーズものを考えた

ただゲームをやっているだけではなく、通常プレイではやらないようなことをやりました。

例えば

・アップデートで追加された武器の検証

・普段は使われない産廃武器のみ

・弱い機体だけで最高階級を目指すシリーズ

 

※この頃実況していたのはガンダムオンラインです。

ゲームによって変わってくると思いますが、やはり人がやらないような苦痛を伴うものや、人が知りたくなるような内容は面白いですね。

企画ものや縛りプレイは多くの人がやるようになっているので中々目立てない可能性もありますが、まだ着目されていないところに手が届くと再生数が跳ねるかもしれませんね。

 

以上

2 COMMENTS

キシオゲームズ

ものすごい響きますね・・・
自分も一時期Youtubeで感じたことを他の方にDMしたことがありますが
結局自分で体験しないと「身につかないんだなぁ〜」と感じたことがあります。

他の記事にも書いてましたが自分もLIVEに逃げがちの時期が2〜3ヶ月ありました。
正直動画を作る時間よりも「手軽に登録者数が増えるなぁ〜」と思っていた時期です。
すぐ止まるんですけどね・・・・

ECM-PCV80Uは自分も初代マイクで使いましたがノイズが凄くて数回で
使用中止した思い出のマイクです。多くのブログで「初心者用」とか書いてあって
買ったのですが・・・・あの多くのブログはみんなコピペか??・・・^^;;

返信する
yj

そうですね。あくまで自分の体験なので100%他の人に該当するわけでもないので、やはり経験ってのは宝ですねぇ。

ECM-PCV80Uは私も他の人のレビューで買っちゃったんですが、(まぁとりあえずで始めるなら値段安いから)初心者用という感じですかねw
人によるのかもしれない(?)ですが、私にとっては値段だけでしたね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です