新参YouTuberはYouTube パートナー プログラムの参加条件を意識しなくても良いというお話

どうもYJです。

Youtubeで動画を出していく理由としては「収益化してお金を稼ぎたい」が一番多いのではないでしょうか。

ただ、Youtubeで収益を得るにはパートナープログラムに参加する必要があり、パートナープログラムの参加には条件が必要です。

今回は新参Youtuberだったら気になるであろうパートナープログラムの参加条件の1つ「チャンネル登録者数が 1,000 人以上、かつ総再生時間が 4,000 時間以上」について書きます。

Youtubeパートナープログラムとは?

クリエイター サポート チームを利用できる
コピーライト マッチ ツールを利用できる
収益化機能を利用できる

出典:You Tube ヘルプ

一般ではYoutuberパートナープログラム=収益化だと思うのですが、ちょっと違うんですね。

要するに新参Youtuberが1ランク上にいけると言うことです!(要約すぎる) まぁ・・・でも一番のポイントは「収益化機能を利用できる」だと思うのでしょうがないとは思いますがw

とにかく、Youtuberとなる以上は収益化したいですね。ただしYoutuberパートナープログラムは誰でも参加できるわけではなく、いくつか条件があります。

利用資格の最低要件
すべての YouTube の収益化ポリシーに準拠している。
YouTube の収益化ポリシーとは、YouTube での収益化を可能にする一連のポリシーです。YouTube パートナーの場合、YouTube での収益化の可能性を広げるためには、YouTube パートナー プログラムのポリシーをはじめとする契約がこれらの収益化ポリシーに準拠している必要があります。
YouTube パートナー プログラムを利用可能な国や地域に居住している。
公開動画の総再生時間が直近の 12 か月間で 4,000 時間以上である。
チャンネル登録者数が 1,000 人以上である。
リンクされている AdSense アカウントを持っている。

出典:You Tube ヘルプ

この中でYoutuberが頑張って達成しなければならないものが2つあります。

公開動画の総再生時間が直近12か月で4000時間以上

チャンネル登録者数が1000人以上

実は私がYoutubeに動画を投稿し出した2016年はまだ条件はありませんでしたが、現在はチャンネルとして上記2つの条件が付いています。

Youtubeのパートナープログラムの参加に条件はなかった時に、規約違反をするチャンネルが多く問題が発生していました。

なのでYoutubeとしてチャンネルの一次振り分けとして基準を設けました。

2017/4~・・・参加条件として「再生回数10000回の条件が追加される」

ただこれでは振り分けが足りなかったようで、更に厳しい条件を付けたのが今現在の「直近12か月で再生時間が4000時間かつチャンネル登録者数1000人以上」に変更されました。

何故気にしなくて良いの?

さて、本題です。プログラムに参加できないと収益化ができないのに、何故気にしなくて良いのか?

Youtuberが収益を得るにはパートナープログラムの参加が必須であるのになぜ気にしなくて良いのか?

ほとんど収益にならないから

うーん・・・もっと正確に伝えると収益にはなるけどこの頃はものすごーーーーーーく割に合わないのです。

例えば私がYOUTUBEを始めてから1000人に達するまでに約1年8か月かかっていますが、その間の収益は多くの高校生の1か月のバイト代に全く歯が立たないレベルです。

人によっては3~4日でクリアしちゃうくらいです。1年8か月分でですよ?

収益化すればウハウハ!HAHAHAなどと思われがちなのですが、最初の頃って動画作成の作業量から考えると・・・もう本当にびっくりするくらい超絶割に合わないんですね。そこを気にするんだったらもう最低賃金ででも普通にバイトした方が遥かに良いです。

まぁ圧倒的に割に合わないとは言え0円よりはマシなのは間違いないので収益面ではデメリットですが、私はやる気のある新参Youtuberにはメリットもあると思っています。

パートナープログラムの条件のメリットとは?

動画の検索結果1ページに表示される動画数には制限があるので、動画の数が多ければ多いほど自分の動画が目立たなくなる可能性が大きくなります。

要するに動画投稿者が少ない方が自分の動画が選択されやすいと言うことです。

パートナープログラムの条件が追加されたことによって、なぁなぁと動画を出しているYoutuberや目先の利益しか考えないYoutuberがいなくなる/参入し難くなるので、やる気のあるYoutuberにとってはやり易い環境になるということです。

私としてはメリットが結構大きいなぁと感じています。

私がYoutubeを始めようとしたときはそこまで本気ではなかったので、この基準があったならば当時の私ならば多分Youtubeはやっていませんw

(今の私は考え方が変わったので、今の自分ならやりますけどね。)

先を考えて、やる気があるなら突き進め!

0から始めて1000人到達って正直ものすごい大変だと思いますし、わずかでもお金を得られる可能性がないというのは厳しいとは思います。

でも、この基準がなくて最初からパートナープログラムができたとしても最初の方は本当に報われません。(収益が発生してもアドセンスの最低支払金額が8000円なのでそこに到達するのも大変です。)

だったらこの条件によって参入者が減ることを喜んでチャレンジしていってください。

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です